奈良の雪駄

 草履製造から発展してきた産業。奈良県三郷町集積の和履きメーカーは、江戸時代、農家の副業としてわら草履製造から発展し、1870年頃より花緒製造を始め、1920年頃には年間900万足の花緒を生産しております。 

 1955年頃、同集積には和履きメーカー237社が集積しており、花緒を製造しておりましたが、1960年頃には全国的に和履き製造が盛んになり、同集積でもゴム製和履き製品(以下、和履き製品)を製造するようになりました。

 しかし、1970年頃までには、全国的に和履き製造から、サンダル製造へ替わっていきました。このような時代の流れの中で、和履き製品を製造する集積としては、奈良県三郷町集積が全国で唯一であり、現在も和履き製造を継承しております。

 奈良県中小企業総合指導所〔1984〕によれば、1975年時、奈良県三郷町集積には、和履きメーカー65社、和装サンダルメーカー14社が和履き製品を製造しており、最盛期には和履き製品の全国シェア約90%を占めていたとされています。。
奈良の雪駄について
(出所)
奈良県経済部商工課〔1955〕「奈良県工業名鑑」
奈良県商工労働部〔1981〕「奈良県地場産業実態調査報告書」 
奈良県商工労働部〔1982〕「奈良県ゴム製・プラスチック製履物製造業産地振興指針」 
奈良県中小企業総合指導所〔1984〕「軽装履製造業巡回相談報告書」