雪駄の履き方

日本人でもなかなか知らない雪駄の履き方。正しく履く事で雪駄の良さが解ります。
気軽に、そして美しく雪駄を履きこなして下さい。

基本の履き方

基本はかかとを少し(1~3cm)出して履きます。それは和装スタイルが影響しています。着物のときは摺り足に近い状態で歩幅を狭く歩くのが基本であり、履物が大きすぎると歩きづらくなり、美しく歩けません。着物を着て自然体に美しく歩く為には、かかとが出るくらいの履物が丁度良いという事です。
 

従来の履き方

正装の場合は先坪まで指股を深く入れて履き、カジュアルに「粋」に履く場合は、指先だけで花緒を軽く引っ掛ける程度で履きます。
 

履く時の注意

足を入れるとき、花緒がよじれない様に気をつけてください。雪駄は一度履くとその人の足の癖がつきますので、最初の足入れが肝心です。一度よじれるといつまでも花緒が裏返り易い癖が残ります。
雪駄の履き方

花緒の位置について

 
天板の中央に花緒が挿げられており、通常左右の区別がありません。その為、通常小指は雪駄からはみ出るようにして履きます。左右を入れ替えて履くことができるので、内側だけ(外側だけ)が減るといった足癖による片減りを避けられる、と言われていますが実際数回履くと左右の癖がつきます。
 
当社の雪駄は、歩きやすいように鼻緒の位置を中央よりずらしておりますので左右の区別があり、入れ替えて履く事は出来ません。
 

水に弱い履物

 
雪駄は、水に弱い履物です。当初は水や雪の時に履くために考案された雪駄ですが、あくまでも草履や下駄に比べて優れているに過ぎません。水に浸かるような状態だと、底がはがれたり、鼻緒が抜けたりしますので、直接水の中に入れないようご注意ください。
 
水の中に入った際は、すぐに乾かして頂きますようお願い致します